ホーム > 代表者プロフィール

代表者プロフィール

代表者メッセージ

たくさんのスクールがある中、弊社のHPをご覧頂き、どうもありがとうございます。

スクール代表の瓜田 綾子(ウリタ アヤコ)と申します。

最近マスコミなどでアロマテラピーが話題となることも多くなりました。その反面、メディカルという名のもと、飲用や原液、高濃度の精油を塗布することをすすめるなど、危険なアロマテラピーが広がっていることも事実です。メディカルアロマは、医師が行うことで初めてメディカルという名を使用することが許されます。いくら精油が高品質だからとか天然のものだから飲んでもよい、という理由にはなりません。どんなに良いものも良い悪い両方の側面があります。
まさに毒と薬は紙一重です。精油が良いものであるのならなおさらです。

このような現状もあるため、スクールでは体の仕組みをきちんと勉強して、安全で楽しいアロマテラピーを一般の方々に広めたいという方を育成し、またその活動のお手伝いをしております。

 

私がスクールを立ち上げたのは詳しくはプロフィールに載せてございますが、出産の際に出会ったアロマテラピーがきっかけです。

 

子育てをしていく中でアロマテラピーを活用しながら、香りの奥深さに触れ、その効用に助けられ、もっと知りたいと思い勉強を始めましたが、アロマセラピスト学科まで独学で取得した上に、実技を教えて下さったスクールは、カリキュラムを消化したらその後何のフォローもありませんでした。でも、これは他のアロマセラピストさんに伺っても他校でも同じ対応とのことでした。

 

そんな中、自宅で認定教室を開校し、アロマテラピーアドバイザー認定コースをたまたまご縁のあった方にお伝えしておりました。

 

そして、そこで出会ったスクール生の数人がAEAJの認定校として承認されるまで待つと言われたことで、一念発起し、自力で法人登録をし、AEAJ法人会員資格を取得、その後さまざまな審査を得て、AEAJ認定校資格に承認され、今に至ります。

 

スクールの卒業生のほとんどは何らかの形でアロマテラピーに関わり、自宅でサロンを開業されたり、自分自身の仕事に活用したり、企業とのコレボレーションで講座を開講したり、イベントを開催したり、多方面にわたって活躍しております。

 

20164月に一定の条件をクリアした卒業生のアロマ活動をサポートする団体Alchemistを設立し、そちらを通して卒業後もさまざまな形でアロマテラピーに関わって頂いております。現在は主に藤沢市民病院でのアロマハンドトリートメントやクラフト作りのボランティアを主とし、藤沢市の地域の縁側事業などでもアロマハンドトリートメントをさせて頂いております。そして2017年9月に藤沢市民病院内で外来患者様専用のアロマトリートメントケアサロンがオープンしました。こちらでは、アロマテラピーは治療としてではなく、ストレスによるこころとからだの未病を『嗅ぐ』、『触れる』ことを通じて改善するお手伝いをさせて頂いております。また、両親、義姉、夫のがん患者家族として感じたことも含めて医療者の方々や患者様ご家族のストレスのケアをゆくゆくはしていきたい思っております。

全ての方々のストレスが和らぐことで、不快な状態が楽になり、生活の質の改善を目指すことを願って日々活動しております。

 

このHPで出会ったのも何かのご縁。

この香りの魔法をたくさんの方々に広めるお手伝いをしていただけませんか?

                      20181月 瓜田 綾子
瓜田綾子仕事のきっかけ

196912月生まれ。藤沢生まれ藤沢育ち、結婚したのちに立川→国立→浦和と移動しましたが、現在は振り出しに戻り藤沢在住。

 
家族は67歳夫、2016年春までは長男夫婦+孫、次男、三男と7人で暮らしていましたが、途中、長男一家が近所に引っ越し、実家の両親が45年続いたクリーニング業を辞めて同居。

その後、2016年7月に母の末期がんがわかり、8月に死去。

現在は夫と二男、三男、4人暮らしです。

 
20
歳まで4歳の頃から夢だったエレクトーンで、講師や演奏者をしてきました。(藤沢在住)
しかし、突然エステティシャンを目指し、専門学校に通い、某大手サロンに配属。演奏者との二足の草鞋を履いておりました。
技術者と店舗経営を経験しましたが、何だかしっくりきませんでした。
そうこうしているうちに結婚により退職。

翌年出産。

長男を抱えながら、音楽教室を運営。(立川、国立在住)

その間引越しやら長男の幼稚園受験やらで、音楽教室を続けられなくなり、廃業。(浦和在住)

その後は、土地柄お受験ママに…

しかし、早々と子供は思うとおりにならん!と挫折。

同じ頃、池田小学校の事件があり、やはりここは保険をと思い、第2子製作を決意。

長男が帝王切開だったため、絶対今度は自然分娩を目指そうと助産院の門を叩くが、逆子等で帝王切開になったわけではなく、児頭骨盤不適合という致命的な理由で帝王切開になったため、どこも受け付けてくれず…
図書館で調べ、1件だけ本に載っていた助産院。そこは実はうちのすぐ裏でした。

運命を感じ、先生に必死に頼み込み…ここで出産できるかわからないといわれつつも大宮赤十字病院と両方通院することで、お引き受けしていただく。

毎日ウォーキング、マクロビオティック、バランスボール、ホメオパシー、アロマテラピー、イメージトレーニング、胎教等あらゆる手を尽くす。

結果、自分の予想通りの日程、体重で助産院到着後40分で男児出産。

これに気をよくし、第3子出産決意。

このとき、本当は自宅出産を企んでいたのですが、助産院の食事の誘惑に負け、助産院で出産。このときは、基本料金で生まれてくるよう子供に言い聞かせ?ていたせいかお昼過ぎに三男出産。陣痛を我慢していたソファーから診察ベッドに横たわる前に立ったまま生まれてしまったので、夫を初め、実父、長男、次男までもが立ち会うはめに…。

 

次男の出産でアロマテラピーと出会い、育児や自分自身のケアでとても役に立った経験をもっといろいろな方々にお伝えしたいと、2007年に独学で勉強を始めたのが今の仕事につながるきっかけとなっております。

略歴および取得資格

1988 3月 インターナショナルビューティアカデミー(現ソシエビューティーアカデミー)ディプロマ取得。

2007 1月 米国ハワイ州ホリスッティケアリング協会認定リンパドレナージュトレーナー資格取得
2007
5月 出産の際にお世話になったアロマテラピーを勉強したいと思い、検定受験
2007
9月 (社)日本アロマ環境協会アロマテラピーアドバイザー取得
2007
9月 ダメでもともとで独学して受験した(社)日本アロマ環境協会認定インストラクター資格に合格。
2007
11月 ダメでもともとで独学して受験したアロマセラピスト学科試験に合格。

2007年より公民館や幼稚園、企業等の依頼により、アロマテラピーやリンパドレナージュ講座を開講。
また、自宅にてリビング文化教室「瓜宮流アロマテラピー教室」を主宰(藤沢在住)
同時に夫の建設会社の取締役(経理)就任し、横浜まで通勤。
忙しくなってしまい、実技のみの学校を探すも見つからず。

2008 6月 やっと実技のみ受け入れてくれる学校を見つけ通学。
2008
12月 アロマセラピストカルテ・実技試験合格

2009 3月 (社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト資格取得
2009
6月 厚生労働省認可(財)職業能力振興会健康食品コーディネーターを独学で勉強し、受験
7
月 資格取得
2009
6月 厚生労働省認可(財)職業能力振興会オーガニックコーディネーターを独学で勉強し、受験
     7月 資格取得


2009
7月(公社)日本アロマ環境協会認定教室承認
2009
9月 辻堂駅南口にスクール&サロンを開店
       日本ダイエット健康協会ダイエット検定12級合格
2009
10月 アヤアルケミスト(株)設立
2009
10月 日本ダイエット健康協会ダイエットインストラクター資格取得

20103月 (公社)日本アロマ環境協会環境カオリスタ取得
2010
3月 NPO法人日本ハーブ振興協会ハーバルフードマイスター(HFM)修了
NPO
法人日本ハーブ振興協会ハーブアドバイザー(PAH)修了
NPO
法人日本ハーブ振興協会ハーバルフードオーガナイザー(HFO)修了
NPO
法人日本ハーブ振興協会アロマクリエイター(HAC)修了
NPO
法人日本ハーブ振興協会ハーブインストラクター修了

201012月(公社)日本アロマ環境協会総合資格認定校承認
2011
1月 (一社)和ハーブ協会理事就任
2014
5月 藤沢ビジネスフォーラム(FBF)広報担当役員
2016
4月 アロマ活動サポートチームAlchemist設立
おもに病院アロマボランティア小児がん支援活動
2016
8月 (一社)国際アロマテラピー科学研究会漢方セルフケアマスター取得
2016
10 AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格、
  AEAJ認定アロマハンドセラピスト資格取得
2017年 1月 
藤沢ビジネスフォーラム(FBF)会長就任
2018年 1月 
藤沢ビジネスフォーラム(FBF)会長就任
2018年 4月  湘南和ハーブの会設立

 

他にも何のために取得したのかわからない資格を所持する資格オタク
建設系の資格の他にヤマハエレクトーン演奏グレード指導グレード5級、賞状書士、書道師範等々…

 

 

 

ページ上部へ